20181125日から30日までの6日間にわたって、ニュージーランドの主要都市の1つであるオークランドで開催されていた、基礎的なリーダーシップトレーニング(Basic Leadership Development Course;以下BLDC)に評議員を務めるNPO法人 開発教育協会のメンバーとして参加してきました。 
BLDCは、アジアと南太平洋にて基礎教育や成人教育にかかわる団体のネットワークであるASPBAE(Asia South Pacific Association for Basic and Adult Education)の主催により開催されました。 アジア、太南太平洋で活動するアクティビストが30名ほど集まりました。30-40歳代が中心であり、今回は南太平洋諸国からの参加者が多くいました。

BLDCでは、SDGsや教育にかかわる取り組みに対する概念的理解や参加者同士で交換される各国での最前線での取り組みに対する情報交換、オークランド周辺で社会教育活動を行う団体へのフィールドトリップ(訪問)などが行われ、今後の日本における社会教育を考える上でも非常に参考になりました。

しかし、何よりも、最も私に大きな影響を与えたのは、南太平洋の人々、特に、ニュージーランドにおけるマオリやトンガ、サモアなどの人々が直面している課題、そして、その課題に対して固有の文化的背景から克服しようとする意志でした。

6日間のトレーニングでは、講義やディスカッションは英語によって行われるのですが、各日程の始まりと終わりには祈りが行われ、英語で行った方もいましたが、担当者が母語で行うことも多く、英語至上主義になりがちな国際会議とは大きな違いがありました。

最も心を動かされたのは、6日目にCity CouncilのメンバーであるFa’anana Efeso Collinsさんがゲストとしてお話をされていたときでした。Collinsさんのお話は植民地化の中で歴史的にも痛みをもち、また、オークランド南部の南オークランドには世界最大の南太平洋の人々が住む地域となっている中での差別や偏見、貧困などの社会的課題がある中での、自分の出自、先祖から受け継いできたものの力強さを説くものでした。

DSC_0807
ユーモアを交えて話をしていただいたCity CouncilのメンバーであるFa’anana Efeso Collinsさん (Photo by Yoichi SUZUKI)
 Collinsさんが紹介された言葉に、2015年、オークランド工業大学の卒業式にて、Joshua Tosetoさんのスピーチがありました。

「私がステージに上がるとき、母や父、そして、祖父母のことを誇りに思うとともに、若い妹や弟たち、これから誕生する娘や息子たちのロールモデルになるのだと感じた。そして、ステージに歩くうちに、諦めようという言葉は踏み越えていけたし、逆境に向けて歩みを進められるようになった」
Collinsさんが話を終えると会場から拍手が響いていました。すると突然、大きな声がした。
隣に座っていたマオリ系ニュージーランド人のRichieが立ち上がり、ハカをはじめました。Richie以外にも、マオリや南太平洋、そして、ニュージーランドの人々は立ち上がり、ハカの発声に参加していました。何とも言えない気持ちになりました。
ハカは、マオリ族の戦士が戦いの前に行う行為で、手を叩いたり、足を踏み鳴らしたりしてながら言葉を発していく行為です。ラグビーの試合前などにニュージーランド代表が行うことでも有名です。
今回のBLDCを通じて、会場にいたニュージーランド参加者は伝統文化を尊重しており、そうした中で、南太平洋の人々の植民地化の歴史、自らの固有の伝統文化への誇り、様々なアイデンティティの葛藤、そうしたものを踏まえたうえで行われたハカは非常に心に響きました。
今回のニュージーランドで生活をしてきた中で、自分たちの固有の伝統文化、それらを尊重し、誇りを持って活動することの強さ、またその背景にある歴史の中での痛み、人の内側にあるエネルギーに触れることができました。
一方で、日本社会を振り返えった時に、自分たちの固有の伝統的価値観から多様性や人権といったリベラルな概念を捉えなおすという行為は広く知られているものではなく、どこか外来品のようなイメージを持たれがちのように感じます。自分たちの元々もつ価値観の中で改めて捉えなおすことをしていきたいと思いました。

DSC_0865
ハカを行ったマオリ系ニュージーランド人のRichie、モンゴルからの参加者であるZoraと一緒に。 (Photo by Yoichi SUZUKI)