Social Change is SUPER FUN

「社会を変えるって楽しい」を綴っていきます。 一人ひとりが社会を動かせる。日本からもそんな動きを作っていきたいと思い、国際協力や社会問題の解決に向けた取り組みを紹介します。

Social Change is SUPER FUN イメージ画像
”Things do NOT change. WE change”
「物事が変わるのではない。私たちが変わるのだ」
-Henry David Thoreau(思想家・環境活動家)-

経済産業省の次官・若手プロジェクトが5月に『不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜』というペーパーを発表しました。Twitterやfacebook上で共感という内容や賛同するような投稿が多く紹介されました。その一方で、異なる視点から反論され
『経産省官僚の若手ペーパーをめぐる対話から感じた「正解」へのプレッシャーと参加の障壁』の画像

2014年にアメリカ、マサチューセッツ州ボストンで行われた、オックスファム・アメリカ主催の社会変革リーダーシップ・プログラムのトレーニングで出会ったのがKelsie Georgeでした。2015年のCHANGE InitiativeのトレーニングでのKelsie(Photo by Yoichi SUZUKI)第一印象は、
『社会変革を聞く。Kelsie George』の画像

アメリカで毎年開催されているIMPACT National Conference。全米から600名を超える社会正義の追求と社会変革を目指す学生、大学職員、NGO職員が集まる一大カンファレンス。私は2015年にロサンゼルスのカンファレンスに初めて参加し、2016年のマサチューセッツ州アマーストで
『社会変革を聞く。 Asha Starks』の画像

2017年4月15日(土)に東京都大田区の大田区産業プラザPiOにて開催された全国ガクセイ祭2017にWake Up Japanとして出展してきました。今回は、難民問題に取り組むJ-FUNユース、国際NGOオックスファムとの共同ブースでの出展でした。Wake Up Japanでは、今回も恒例のCHANGE The
『CHANGE The World Circle@全国ガクセイ祭2017』の画像

Wake Up Japanとしても、新しい人材が必要だということで、2017年4月15日(土)に東京都大田区の大田区産業プラザPiOにて開催された全国ガクセイ祭2017に出展してきました。今回は、難民問題に取り組むJ-FUNユース、国際NGOオックスファムとの共同ブースでの出展でした。(Photo
『全国ガクセイ祭2017に出展』の画像

2017年にアメリカ、ミズーリ州セントルイスで開催されたIMPACT National Conference。全米各地から500名を超える学生、大学職員、NPO職員が集まり、社会変革についての学びやリーダーシップを共有しました。会場で出会ったアメリカ人の若者にWhitney Shafferはいた。先日、彼
『誰がレースに勝利するのか?』の画像

日本社会では、抗議活動で道路を封鎖するなんて話をすると、「大迷惑だ」「人様に迷惑をかけちゃだめだ」なんて言われるだろう。国際調査比較グループ(International Social Survey Programme)による10年の「市民意識調査」(2004及び2014)をみると、日本社会では、"「よい市
『路上での抗議を規制する法案から見えたマイノリティーと社会的排除』の画像

2015年、アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるLoyala Maryland Universityにて、全米各地から社会変革を目指す学生、職員、NGO職員が集まるカンファレンス、IMPACTが開催された。IMPACTでの啓発の様子(Photo by Yoichi Suzuki)その時に空き時間を利用して、 国際NGO
『社会変革を聞く。Valentina Gioffrè』の画像

トランプ政権が誕生と共に、アメリカ各地ではヘイトスピーチが取り沙汰されるようになった。アメリカ社会の分断などについて日本でも多くの意見が飛び交った。そんな中、facebookのpageである"Revolutionary Memes Extreme"にて、以下の画像が紹介された。"トランプ氏の受諾
『他人事の社会問題』の画像

2014年、アメリカ マサチューセッツ州ボストンにて、国際NGOオックスファム・アメリカによる社会変革プログラム CHANGE Initiativeのトレーニングが行われた。研修で訪れていた際に出会ったのが、Gloriaだった。アイスブレイキングを楽しむGloria(Photo by Yoichi Suzuki/Oxf
『社会変革を聞く。 Gloria Santiago』の画像

4月6日にアメリカ、ニューヨークでWe Day NYという10代の若者たちが社会を変えていくことをテーマにした一大イベントが開催された。カナダ発祥のフリー・ザ・チルドレンがはじめた活動であり、世界各地で開催されている。今回はyoutubeにて、ライブ公開されていたので開始か
『移民に対する理解をアートから進めるアメリカのユース』の画像

以前、NHKで以前、「麻里子さまのおりこうさま!」という番組があった。視聴者参加型の番組で、AKB48メンバーであった篠田麻里子さんが司会を務め、彼女の募集するキーワードに対して視聴者が「分かりやすく解説する」という基本設定でした。形式としては、俳句・短歌、4コマ
『facebookを使った簡単なソーシャルアクション』の画像

何かを批判したりすることは何のポジティブな効果を生まない。その理由としては、その批判したときの気持ち、嘆き、批判者の持っている情報と周囲の間での情報のギャップがあるからだと思う。それを承知で書くとすれば、私は日本の国際協力ってあまり好きになれる団体や応援
『好きになれない国際NGO、好きな団体』の画像

3月27日(月)に横浜、関内にある有隣堂で「10代が世界を変える?!〜今日から私ができること」と題するイベントが行われました。第2部の講師兼ファシリテータとしてお招きを受け、ワークショップを実施してきました。当日は中高生を中心に20名ほどが集まり、第1部には、6年来
『10代から「世界を変える」を考える』の画像

国内最大規模の学生ボランティアが集まる「学生ボランティアと支援者が集う全国研究交流集会」(学生ボランティアフォーラム) のアクション・マーケットにWake Up Japanとして参加しました。今回は、アクション・マーケットに参加してみて感じたことを書きたいと思います。な
『学生ボランティアフォーラム2017 アクション・マーケットに参加して』の画像

国内最大規模の学生ボランティアが集まる「学生ボランティアと支援者が集う全国研究交流集会」(学生ボランティアフォーラム) のアクション・マーケットにWake Up Japanとして参加しました。昨年に引き続き、今年も"Change the world Circle"を参加者向けに行いました。"Chang
『学生ボランティアフォーラム2017 "Change the world Circle"の結果から』の画像

2017年も全米最大規模の学生による社会変革に関するカンファレンス、IMPACT National Conferenceに参加してきました。2017年はミズーリ州セントルイスにあるワシントン大学でした。ミズーリ州セントルイスは2014年にアフリカ系アメリカ人の男性が警察官に殺害される事件が起
『IMPACT 2017 -全米最大の学生による社会変革に関するカンファレンス-』の画像

公民権運動を指導した活動家の一人であり、日本では、"I have a dream"というスピーチで有名なキング牧師。その娘であるBernice Kingさんがトランプ政権にどう向き合えばいいのかということをfacebookに投稿していました。彼女の提案することは、日本社会において私たちが社
『キング牧師の娘が提案するトランプ政権に対する向き合い方』の画像

2016年11月、facebookを見ていると多くの友人たちがアメリカ、ネバダ州のStanding Rockにcheck-inをしているという情報が目に入った。同じ日に、気候変動のイベントで出会った日本人の友人からは「ネバダ州のStanding Rockという場所で、パイプライン建設が進んでいて、その
『Standing Rockと高江:なぜそこに行くのか』の画像

(Photo by Jeffrey Smith)アメリカの若者。特にリベラルで、国際協力を推進し、差別に立ち向かっている若者たちがシェアしていた投稿を今日は紹介したい。メキシコ系アメリカ人で、現在、シカゴ在住のゲイの活動家であるJonna Bononna Brewerによる「白人労働者階級の貧困」
『【白人労働者階級】あるメキシコ系アメリカ人の投稿からみる』の画像

↑このページのトップヘ